ぷらもらぶろぐ。

プラモとかメカ原型とか模型誌作例とかオモチャとか猫。 Powred by "PLAMO LOVE"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
MAKING of OPTIMUS
「トランスフォーマー・リベンジ」公開に合わせて、
オプティマスのモデルのメイキングを
According to the“Transformers: Revenge of the Fallen”release,
I'll show making of the Optimus-model.

電撃 HOBBY MAGAZINE 2008年4月号に掲載されたスクラッチビルド作例です。
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2008年 04月号 [雑誌]

実際に作業に入る前に大事なのは資料ですが、映画のDVDが何よりも資料として役立ちます。
コマ送りしたり、一時停止したりしつつ、穴が開くまでディティールを眺めましょう(笑)

いきなりですが、この状態から説明開始です↓
opti-m00.jpg
頭部の黄色い部分はエポキシパテです。
一応、玩具のオプティマスの頭部が芯になってますが、ほぼ新造ですね。
胴体部は殆どプラモデルのパーツのミキンシングビルドです。
ビークルモード時のミラーは、精密感を高めるためのアクセントになるので、
真鍮線を使ってステーを再現してます。

opti-m01.jpg
こちらも同様に、脚部等の黄色い部分がエポキシパテです。
足首や肩の筒状のパーツは、一つ原型を作って複製して数を揃えてます。
パーツの固定はアルミ線で軸を打って固定するか、瞬間接着剤でガッチリ接着する方法で対応してます。
上腕をカバーする装甲にはコーヒーの缶なんかも使ってます。

opti-m02.jpg
ミキシングビルドに使用したプラモデルのパーツですが、
マスターグレード等のガンプラ、R3レイズナー、フジミのHINOトレーラー、
イタレリのルノーAE500、ファインモールドのYウィングなんかが特に役立ちました。

opti-m03.jpg
塗装について。
一度、ブラック→シルバーで全体を塗ってから、レッドやブルー等の細部を塗装してます。
ファイヤーパターンはマスキングして塗り分け、境界のシルバーを面相筆で描き込みました。
塗装が剥がれて下地の金属色が見えている部分は、実際に引っ掻いて塗装を剥がして再現してます。

opti-m04.jpg
背部から腕部の武器に繋がる弾帯は割と目立つ部分ですね。
1/6のミリタリーフィギュア用のマシンガンの弾帯を芯に、鉛板とハンダ線を貼り付けて
ベルト状にしてあります。
塗装がほぼ終了したら、全体にエナメル系のバフをエアブラシで薄く吹き付け、
砂埃を表現しました。
要所要所で、溶剤を付けた綿棒で埃を剥がし取り、表情に緩急を付けています。

opti-m05.jpg
胸部のフロントガラスのワイパーは1/32のカーモデル用のエッチングパーツです。
腰や踝のタイヤも1/24、または1/32スケールのプラモデルのパーツです。
こういう車のなごりを残している部分が、リアリティを高めてくれますねぇ。
そんなわけでして、大体このオプティマスのスケール自体も1/24~1/32くらいでしょうか。

忘れてしまった部分も多いのですが、大体以上の様な感じです。
ご質問やご感想がありましたら、コメントやメールフォームからお気軽にお願いします。


オプにジェットファイアを合体させたり、他のキャラも作ったりしたいなぁ~。



Posted by Y.Yamaguchi (modeler)
スポンサーサイト
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
突然ですが、勝鬼です。
蛮鬼さんに続いて、勝鬼さんの製作記事です。
作例はS.I.C.スーパーコレクション vol.2に掲載されてます。

頭は弾鬼のキャストコピーを改造。
眉毛?なクマドリ部分をボリュームアップしてプレデターマスクっぽくしてます。
鬼角の彫刻もエルダープレデターとかを意識して。
あと本当はマウスピースをくわえる"口"の付いたマスクも作りたかったのですが、時間の都合で断念。プレデターみたいな4本の牙でガッチリ固定したかったのですが、多分それやったら色んな方面から怒られてましたネ(笑)
S.I.C.勝鬼 製作中1
胸の管状のタスキは2.3mmのハンダ線で。音撃管のピストン付近は2.0mmハンダとクギで。スーザフォンの写真を見ながら、構造的になるべくおかしくないように作りましたが、かなり難しくて5、6回作り直しました。
ちなみにこの音撃管、鬼石がどこにも付いてないのです。本来なら威吹鬼さんのラッパと同じく、ピストン部に付いてなきゃならないのでしょうが、そこから直に管が生えてるためにスペースが無かったんです。どうしよっかなと思って安藤さんに相談してみたら、ピストンのさらに下、つまり勝鬼の胸に鬼石が埋め込まれてるってことでいいんじゃない?ってことになりまして、裏設定的にはより勝鬼さんのサイボーグ化が進んだ感じになりました。
左脇腹のタスキは劇場版の羽撃鬼と同じディティールにしてます。
背中~肩にかけては装甲響鬼の背中を意識してパテで造形。なんだかんだでアームド好きなのです(笑)

全身の武器ですが、両腕のかぎ爪=リストブレイドまんまだったり、肩キャノン=ショルダーキャノンを上下逆にしてディティール足しただけだったり、こっそりディスク手裏剣装備してたり、これまたプレデターを意識してます。
肩のショルダーキャノンはプラ材メインで。
S.I.C.勝鬼 製作中2
巨大化した音撃鳴は、ほぼプラ材です。
ヒンジ変形(設定的には)する部分は複製して数を揃えてます。
地味に大変な作業なので、もし真似されたい方がいましたら、ちょうどいいサイズの玩具とかの流用をオススメします。

腕のアーマーはアームドの腕装甲+プレデターのリストアーマーなデザインに。微妙にFSSのブローズ(キュベレイもどきの人)も入ってます。
爪はミ○ロマンのプレデターのをそのまま使用(え~っ)

ディスク手裏剣のディスク部はプラ板で。
片面作って複製して貼り合わせ、裏面ビスディティールを追加。
S.I.C.のディスクアニマルの原型を作ったときと同じやり方です。
手裏剣の刃はミ○ロマンのプレデ(…以下略)

ちなみに参考資料です↓
エイリアンvs.プレデターメイキングブック?ADIのクリーチャー・エフェクト
ショルダーキャノンやリストブレイド、ディスク手裏剣のディティールはこれからパクりこれが参考になりました。
この映画は大好きなんで、オマージュです、オマージュ(笑)

S.I.C.勝鬼1 S.I.C.勝鬼2 S.I.C.勝鬼3
完成写真~。
画像はクリックすると拡大します。


さて、お次はラスト。いよいよ煌鬼さんの製作記事です。お楽しみに。
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
突然ですが、蛮鬼です。
S.I.C.スーパーコレクション vol.2掲載の蛮鬼さんの製作記事を書いてみました。
前から書こうと思ってたのですが、いつの間にやら延び延びに(汗)
趣味でS.I.C.を改造されてる方の参考になれば幸いです。

S.I.C.蛮鬼 製作中1 S.I.C.蛮鬼 製作中2
頭はトドロキの頭を型想いで型とって、エポパテで複製して改造。
胸のタスキはパテ+糸ハンダ(右0.5、左0.8mm径)で。
ヒザのドクロは、ちょうどこのころ韮沢さんのアンデッド画集を見て、その勢いで(笑)

S.I.C.蛮鬼 製作中3
ギターとベースのジョイント部はプラ板で。
ベースとベルトの弦は本物のギター弦を使ってます。
ワタクシ、実は元バンドマン。
ベースにはプラモのパーツを一部流用。
戦車の転輪とか、F-15のダクト、ザクウォーリアの斧のグリップとか。

ギターは斬撃モードでアウトラインがレスポールっぽくなるように。
同時にPUをハムバッカーに。裏のトレモロ部もパテで埋めました。
ピックガードはアームドの意匠を引っ張ってきました。装甲ピックガードです(笑)

塗装ですが、Vカラーのブラックで全身塗ってから、エアブラシで薄くゴールドを吹いてます。
腕や顔の黄色は、金色→黄色の順に吹いたかな? 記憶があやしいです……。
ギターやベースのネック裏は、遊びでエナメル塗料で木目調にしてみたり。
美術の授業でウクレレ作ったのを思い出しました。

塗装前に安藤さんに見せたら、「派手だねー」と言われてヤリ過ぎたか!?と思いましたが、塗った後に見せたら「案外、普通に鬼だねー」という反応。
この後作った勝鬼のときも、煌鬼のときも、そんな感じで、塗っちゃうと普通に響鬼ワールドにとけ込んじゃうから不思議です。
奥が深いというか、だからこそ楽しめるというか。
きっと地方の鬼とか、戦国時代の鬼にはもっとすごいデザインの人達がいっぱいいるに違いないしね。
S.I.C.蛮鬼1 S.I.C.蛮鬼2 S.I.C.蛮鬼3
完成写真~。
あ、画像は全部、クリックすると拡大しますんで。
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
魂ネイション・プレオープニング
19日のプレオープニングレセプションに行ってまいりました。

TN2008s.jpg SIC2008s.jpg
前日に搬入・設営だったので2連チャンでアキバ通い。

去年の原宿・ラフォーレのときは特に何もお手伝いしませんでしたが、今回は自分のブレイド劇場版3人組がリストに組み込まれていたので、ちょいと頑張ってベース兼背景の14"フォーティーン"を作っちゃいました。
なぜか死んでますけど(笑)
ngr002.jpg
※実物はとろろ昆布の臭いがします。

お近くの方もそうでない方も、ぜひ実物をご覧下さいませ~。
キングダークの首とか、ギャレンキングフォームとか、見所満載ですよ!
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
電撃HOBBY MAGAZINE 2008年04月号 Now on sale!!
結局、仕事が立て込んでてワンフェスには行けませんでした。
なので、オプティマスの展示も見れず残念。
撮影禁止だったみたいで、ネットでも写真を見れませんね。
それとWFでは、ウェーブさんのブースで製作中のMHグルーンも原型を展示していただきました。
ああ行きたかったなぁ、ワンフェス…(ToT)

今日も打合せで都内まで出てました。
今月いっぱいは修羅場です。
がんばりますー。

電撃HOBBY MAGAZINE 2008年04月号が発売中です。
折り込みのピンナップにもなってます(巻頭のポスターみたいなアレです)。
OPTIMUS PRIME
↑Click to enlarge.

年末年始はコイツの作業に追われておりました。
どうぞ見てやって下さいませ。
よろしくお願いいたします。

電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2008年 04月号 [雑誌]
電撃HOBBY MAGAZINE 2008年04月号
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
オプティマスを見にワンフェスに行こう!
来る2/24開催のワンダーフェスティバル2008[冬]会場内・タカラトミー様のブースにて、私が製作したオプティマスプライムの全身モデルが展示されます。

今月25日発売の電撃ホビーマガジン2008年4月号に掲載される作例を、一足早く(といってもたった一日)ご覧いただくことができます。
opp-slt1s.jpg
全高30cmクラスのなかなかボリューミーなモデルです。
実物を多くの人に見ていただける機会はあまりありませんので、純粋にありがたいですね。
WFに参加される予定の皆様、よろしくお願いします。

もちろん、翌日発売の電ホもよろしくです!
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
新世代ライダー(グライブ・ラルク・ランス) メイキング
リクエストにお応えして、製作記のようなものを用意しました。


・以下、製作直後に書いたメモから起こした文章↓

基本はランスを作って、複製したパーツを改造してグレイブとラルクにしてます。
原型自体はひたすらエポパテ盛って削って盛って削って……。

画像のグレーっぽいとことピンクなとこはレジンキャスト。黄色いのはエポパテ。金属色なとこは鉛板とかハンダ。

ng-making01.jpg ng-making02.jpg ng-making03.jpg

肩はギャレンのインナーアーマーをほぼそのまま使用。
グレイブの肩は、複製したラルク&ランス用の肩パーツを4個分使ってでっち上げました。時間が無くって(汗)

頭は顔・目・耳×2・頭頂部カバーの5パーツ構成。オールエポパテ。目だけクリアレジンで抜きました。

胴は背中側は殆どブレイドのまま。胸側は完全新造。
妙に複雑な面構成にアレンジしちゃったので、考えながら作ってたということもあって異常に時間がかかりました。
グレイブだけクリアキャストで抜いたパーツを使ってますが、あまり意味がなかったです。

太ももアーマーはエポパテでベースを作って、ひたすら糸ハンダでパイピング。アンデッドっぽくレザーな感じを狙ってます。

ラルクはブレイドの塩ビのウエストパーツを削りまくって細くしたり、上腕を細くしたり、肩の軸を切り詰めて短くしたり、足は足首とふくらはぎの2箇所で切り詰めてます。

ラルクのボウガンは、ギャレンラウザーのグリップとカリスアローの弓部以外は、MGハイザックのマシンガンのストックとHGUCギャプランのビームガンの砲口とタミヤの1/48MM用の街路灯を流用。後はパテとプラ板。

ランスの槍はパテとプラ棒と板鉛。

ちなみにグレイブラウザーとラルクラウザーの顔的な「A」の部分は、ランスの槍の先端を複製したパーツを加工して使い回してます。プロップは全部デザインが違うのですが・・・これまた時間がなくて苦肉の策というか・・・。

腕とか脚の「A」のマークは、安藤さんのお手伝いでS.I.C.のブレイラウザー&キングラウザーの原型を作ってた頃(去年の初夏くらい?)に、ほぼ同時進行で原型を作って型まで取ってありました。
emblemA.jpg
(↑これがオリジナル。複製して30個以上抜きました。)

その頃は作例の話とかは無かったので、個人的に趣味で劇場版ライダーを作る気でいたんです。(で、後にそれを聞いたHJ担当氏から連絡がありまして、作例となりました)
しかし、その「A」ですが、1体につき12個も付いてるわけで数を揃えるのが大変でした。
腕の脚のリング状のパーツも1個1個、鉛板を巻いた上にエポパテ盛って形を出してるので、地味に面倒でした。

なんせ同時3体でしたので、パーツの加工~塗装の各工程での作業量が膨大です。
製作期間は大体2週間くらいでしょうか?

そんな感じです。
解説が足りないような気もしますが、アップした画像で補っていただけるとありがたいです。

アレンジ行程の説明はコチラをご覧下さい。



※鬼の作例(蛮鬼、勝鬼、煌鬼)も、そのうち製作記をアップしたいと思っております。
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。