ぷらもらぶろぐ。

プラモとかメカ原型とか模型誌作例とかオモチャとか猫。 Powred by "PLAMO LOVE"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
突然ですが、蛮鬼です。
S.I.C.スーパーコレクション vol.2掲載の蛮鬼さんの製作記事を書いてみました。
前から書こうと思ってたのですが、いつの間にやら延び延びに(汗)
趣味でS.I.C.を改造されてる方の参考になれば幸いです。

S.I.C.蛮鬼 製作中1 S.I.C.蛮鬼 製作中2
頭はトドロキの頭を型想いで型とって、エポパテで複製して改造。
胸のタスキはパテ+糸ハンダ(右0.5、左0.8mm径)で。
ヒザのドクロは、ちょうどこのころ韮沢さんのアンデッド画集を見て、その勢いで(笑)

S.I.C.蛮鬼 製作中3
ギターとベースのジョイント部はプラ板で。
ベースとベルトの弦は本物のギター弦を使ってます。
ワタクシ、実は元バンドマン。
ベースにはプラモのパーツを一部流用。
戦車の転輪とか、F-15のダクト、ザクウォーリアの斧のグリップとか。

ギターは斬撃モードでアウトラインがレスポールっぽくなるように。
同時にPUをハムバッカーに。裏のトレモロ部もパテで埋めました。
ピックガードはアームドの意匠を引っ張ってきました。装甲ピックガードです(笑)

塗装ですが、Vカラーのブラックで全身塗ってから、エアブラシで薄くゴールドを吹いてます。
腕や顔の黄色は、金色→黄色の順に吹いたかな? 記憶があやしいです……。
ギターやベースのネック裏は、遊びでエナメル塗料で木目調にしてみたり。
美術の授業でウクレレ作ったのを思い出しました。

塗装前に安藤さんに見せたら、「派手だねー」と言われてヤリ過ぎたか!?と思いましたが、塗った後に見せたら「案外、普通に鬼だねー」という反応。
この後作った勝鬼のときも、煌鬼のときも、そんな感じで、塗っちゃうと普通に響鬼ワールドにとけ込んじゃうから不思議です。
奥が深いというか、だからこそ楽しめるというか。
きっと地方の鬼とか、戦国時代の鬼にはもっとすごいデザインの人達がいっぱいいるに違いないしね。
S.I.C.蛮鬼1 S.I.C.蛮鬼2 S.I.C.蛮鬼3
完成写真~。
あ、画像は全部、クリックすると拡大しますんで。
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 突然ですが、勝鬼です。 | home | 最近買ったものなどなど >>
Comment

管理者にだけ表示
お久しぶりです。
あれからSICのムック本も購入し、13ライダースをメインに改造していました。といってもソフビの被せばかりですが。
元々手先が不器用なせいか、なかなかパテやプラ板でのスクラッチが上手くいかない・・・
最近になってようやくランスの製作に取り掛かりました。まだまだ先は長いですが完成目指して頑張っています。

それから、マルダーの改造or塗装も楽しみにしてますよ~と。
2008/04/03 Thu| URL | Rans [ edit ]
>Ransさん
お返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

スクラッチは最初から上手くできる人なんていませんので、数をこなすのみですよ~。情熱と、確かなイメージさえあれば、技術は必然的に追いついてくるはずです。
マルダーは・・・まだ組んですらいません(汗)
それでは、ランスの製作、頑張ってくださいませ。
2008/04/25 Fri| URL | 九印良品 [ edit ]
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。