ぷらもらぶろぐ。

プラモとかメカ原型とか模型誌作例とかオモチャとか猫。 Powred by "PLAMO LOVE"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
突然ですが、勝鬼です。
蛮鬼さんに続いて、勝鬼さんの製作記事です。
作例はS.I.C.スーパーコレクション vol.2に掲載されてます。

頭は弾鬼のキャストコピーを改造。
眉毛?なクマドリ部分をボリュームアップしてプレデターマスクっぽくしてます。
鬼角の彫刻もエルダープレデターとかを意識して。
あと本当はマウスピースをくわえる"口"の付いたマスクも作りたかったのですが、時間の都合で断念。プレデターみたいな4本の牙でガッチリ固定したかったのですが、多分それやったら色んな方面から怒られてましたネ(笑)
S.I.C.勝鬼 製作中1
胸の管状のタスキは2.3mmのハンダ線で。音撃管のピストン付近は2.0mmハンダとクギで。スーザフォンの写真を見ながら、構造的になるべくおかしくないように作りましたが、かなり難しくて5、6回作り直しました。
ちなみにこの音撃管、鬼石がどこにも付いてないのです。本来なら威吹鬼さんのラッパと同じく、ピストン部に付いてなきゃならないのでしょうが、そこから直に管が生えてるためにスペースが無かったんです。どうしよっかなと思って安藤さんに相談してみたら、ピストンのさらに下、つまり勝鬼の胸に鬼石が埋め込まれてるってことでいいんじゃない?ってことになりまして、裏設定的にはより勝鬼さんのサイボーグ化が進んだ感じになりました。
左脇腹のタスキは劇場版の羽撃鬼と同じディティールにしてます。
背中~肩にかけては装甲響鬼の背中を意識してパテで造形。なんだかんだでアームド好きなのです(笑)

全身の武器ですが、両腕のかぎ爪=リストブレイドまんまだったり、肩キャノン=ショルダーキャノンを上下逆にしてディティール足しただけだったり、こっそりディスク手裏剣装備してたり、これまたプレデターを意識してます。
肩のショルダーキャノンはプラ材メインで。
S.I.C.勝鬼 製作中2
巨大化した音撃鳴は、ほぼプラ材です。
ヒンジ変形(設定的には)する部分は複製して数を揃えてます。
地味に大変な作業なので、もし真似されたい方がいましたら、ちょうどいいサイズの玩具とかの流用をオススメします。

腕のアーマーはアームドの腕装甲+プレデターのリストアーマーなデザインに。微妙にFSSのブローズ(キュベレイもどきの人)も入ってます。
爪はミ○ロマンのプレデターのをそのまま使用(え~っ)

ディスク手裏剣のディスク部はプラ板で。
片面作って複製して貼り合わせ、裏面ビスディティールを追加。
S.I.C.のディスクアニマルの原型を作ったときと同じやり方です。
手裏剣の刃はミ○ロマンのプレデ(…以下略)

ちなみに参考資料です↓
エイリアンvs.プレデターメイキングブック?ADIのクリーチャー・エフェクト
ショルダーキャノンやリストブレイド、ディスク手裏剣のディティールはこれからパクりこれが参考になりました。
この映画は大好きなんで、オマージュです、オマージュ(笑)

S.I.C.勝鬼1 S.I.C.勝鬼2 S.I.C.勝鬼3
完成写真~。
画像はクリックすると拡大します。


さて、お次はラスト。いよいよ煌鬼さんの製作記事です。お楽しみに。
雑誌作例。 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< ペイントラック | home | 突然ですが、蛮鬼です。 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。