ぷらもらぶろぐ。

プラモとかメカ原型とか模型誌作例とかオモチャとか猫。 Powred by "PLAMO LOVE"
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
花火・ガンダム・ドイツ軍
結局ワンフェスには行けず、
先日の神奈川新聞花火大会も例年通り部屋からの鑑賞でした。

まぁ撮影はほとんど失敗しまして(汗)
でも打ち上がり切らないビル越しの花火が怪獣的、エヴァ的使徒的に見えたり hanabi09-01.jpg

hanabi09-02.jpg
花火の煙なのか雲なのか、が少しだけ花火の光線を遮って見えるんですけど
それがより特撮的雰囲気を醸し出してるという
ハルヒ的、閉鎖空間的でもありますね

ついでにちょっと家を出て、近くの橋からも撮影
花火は映ってないけど
hanabi09-03.jpg
花火の煙が潮風に乗って横浜の中心街に流れてきてます
街の光を煙が反射してこんな感じに
ちょっと「逆襲のシャア」のサイコフレームの光みたい

先日のNHK-BSのガンダム宇宙世紀大全は良かったなぁ
久々に見た「劇場版0083」と「逆シャア」が特にすばらしかった
今なら30周年記念特別価格でガンダムのDVDがお安いから買っちゃおうかな
そういえばお台場ガンダムもまだ見に行けてないなぁ・・・

ついでに最近見たお気に入りドイツ軍映画↓
dvd090805a.jpg
「ワルキューレ」
ジャーマングレーがカッコイイ
軍服やヘルメットのグレー、車輌や機関砲のグレー
そしてそれらとナチスの鍵十字の赤い旗の鮮烈なコントラスト!!
思わずタミヤのプラモを組みたくなりますぜ
実際、劇場でこの映画見てから、ジャーマングレーで塗れるプラモを
しこたま買い込んじゃったけどね(汗)

dvd090805b.jpg
「スターリングラード」
ジュード・ロウ主演のとは別の映画(あっちの原題は“Enemy at the Gates”)
スターリングラード攻防戦に参加した第6軍をドイツ視点で撮った映画ですが
惨めで格好わるいドイツ兵の姿が拝めます
本物のT-34との歩兵vs戦車の雪中対決が見所

この映画で主演のヴィッツラント少尉を演じるトーマス・クレッチマンは
「ワルキューレ」でも予備軍の隊長役でして、これがまたなかなかいい演技なんです

クレッチマンは他にも「ヒトラー~最期の12日間~」や「戦場のピアニスト」にも
ドイツ将校役で出演してます
最近のナチスドイツ物には欠かせない役者さんですな
日常雑事。 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 極魂龍騎 | home | ガレッタ、WFにも参戦 >>
Comment

管理者にだけ表示
Trackback
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。